小金井ブロックで新春のつどい

2019/03/27 お知らせ

笑いヨガで元気モリモリ

 「盛り上がって、いい新春のつどいだったね!」―2月2日(土)午後1時から小金井商工会館において新春のつどいが開催されました。参加者は72名と昨年を上回り、開始後にはテーブルを追加するほど大勢の方に参加していただきました。訪問看護ステーションの岩井美香さんの名司会で盛り上がりました。
若松理事長の挨拶の後、まずは笑いヨガでウォーミングアップ。新婦人の平山百子さんから指導していただきました。笑いヨガはユーモア、冗談、コメディを使わず、理由なく笑い、笑うことによって身体に酸素がたくさん取り入れられ、健康と活力が実感できるといわれています。最初は少し照れながら参加していた組合員さんも、徐々に声が大きくなり笑顔が出始めてくるようになりました。次は東支部の阿部達さん、岡村さんによるアコーディオンとコーラスです。演奏に合わせて懐かしい曲を歌いました。〝あのころ〟を思い出しているのかな、と見受けられる方があちこちにいました。

 続いて「介護○×クイズ」ではよく聞かれる介護の質問を中心に、阿部由紀子室長(のがわ介護相談室)が問題を出して、組合員さんに○か×か、手を挙げて一緒に考えてもらいました。最後にお楽しみのビンゴゲーム。「当たった!」と大喜びする組合員の歓声がにぎやかでした。
堂々とした文字で書かれた横断幕は組合員さんの手書き!ビンゴの景品も前日までに続々と届きました。各支部からも手作りの料理が机いっぱいに並び、とても豪華でした。
診療所や介護事業所、本部の職員10名が参加し、準備や司会にと協力してくれて、組合員と職員の協同で取り組むことができました。来年度に向けて理事長・専務からの決意表明があったことに加え、最後の職員紹介の場面では会場全体の雰囲気も最高潮に。とても一体感があり、印象深い新春のつどいになりました。
事前準備から当日の運営にご協力いただいた方々、お酒やビンゴの景品を寄付していただいた方々、ありがとうございました。

(組織担当 大越郁子)